ここにタイトル

ここに住所

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県

福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県

東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県

山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県

滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県

香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県

熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

#

#

#

  • 2015/12/1
    埼玉営業所がGマークを取得しました。

  • 2014/5/8
    関東支店 東京営業部(東京都中央区日本橋3-2-2)が下記のとおり移転致しました。
    【新名称】関東支店 東京情報センター
    【新住所】東京都中央区日本橋箱崎町18-11 COSMO8 5階
    【新TEL】03-6667-6617
    【新FAX】03-6667-6618
    【営業開始日】平成26年5月6日(火)

  • 2014/4/21
    2013/10/17の仙台港営業所の境界線変更について下記のとおり、最終住所が決定致しました。
    発布2014年11月1日
    (正式住所)  〒985-0845宮城県多賀城市町前1丁目6番40号
           ※電話番号の変更はありません。

  • 2014/1/20
    当社はGマーク認定を更新致しました。
    (平成26年1月~平成29年12月まで)

  • 2013/10/17
    仙台港営業所の住所が自治体の境界変更に伴い下記のとおり変更となりました。
     (変更前)宮城県仙台市宮城野区中野字沼頭10-1
    ⇒(変更後)宮城県多賀城市中野字沼頭10-1

  • 2012/5/16
    東日本大震災で被災したトラックがあったため新車両を導入しました。これまで以上に安全運転に努め、確実なサービスを提供して参ります。
    >> 新車両写真はこちらをクリック

  • 2012/1/17
    昨年の皆様からのご厚情に感謝しながら、本年もがんばって参りますので宜しくお願い申し上げます。
    復旧状況の写真を「営業所一覧ページ」に掲載しております。

  • 2011/9/15
    お陰様で、被災しておりました「旧仙台本社」は2011年10月初旬より「仙台港営業所」として再スタートする運びとなりました。御支援、激励いただきました皆様に改めて感謝申し上げます。
    復旧状況の写真を「営業所一覧ページ」に掲載しております。

  • 2011/8/8 
    〜がんばってます東北!!〜
    被災した旧仙台事務所は只今、復旧作業中です。
    8月下旬より営業再開の予定です。
    復旧状況の写真を「営業所一覧ページ」に掲載しております。

  • 2011/4/8
    仙台本社はこの度の震災の影響により4月23日(土)より移転する運びとなりました。
    新住所とご連絡先は会社概要ページをご覧ください。

  • 2011/3/22
    仙台本社はこの度の震災の影響により通常業務が困難なため、 お問い合わせやご連絡は最寄りの他事業所へお願いします。 詳細はhttp://www.t-cargo.jp/company.html#a
    ご面倒をおかけ致しますが宜しくお願い申し上げます。
  • 2011/2/14 平成22年12月当社はGマーク認定を更新致しました
  • 2010/12/17 ホームページリニューアルしました

#

その1 | 品質

・配車スタッフ、ドライバー、各協力会社に対する安全運転指導の徹底。

・専門家による定期的な安全会議の実施。

当社はGマークを取得した安全性優良事業所です!

#

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。

この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。

平成27年12月15日現在、安全性優良事業所は22,372事業所あり、これは全事業所数の26.7%に当たります。


その2 | サービス

・常駐スタッフの派遣

・最適な輸送方法の提案力

その3 | エコロジー活動

・省エネ運転(アイドリングストップ安全速度の遵守)→燃費も7.2%UP→低コスト輸送

・低公害車の導入

・クールビズ

・エコロジー物流システムの確立

全国の協力運送会社との連携により、運行状況を把握し、運送会社と荷主会社のニーズをマッチングさせる事で、低コスト・高品質な運送を実現させています。

#